※ログインする為にはご使用ブラウザの
cookieを有効にして下さい

2017年02月24日(金) 09:00:00

「儲かる秘訣(144)」 経済ジャーナリスト 雨宮京子

『銘柄の保有数は、ほどほどに・・』


日経平均のチャートをみると、典型的な“凪”と言える状態・・「これじゃぁ、とても儲からない」と思いきや、個別でみると、結構、派手に動く銘柄が少なくありません。マーケット全体は下げ相場ではないのですから、チャンスはいっぱい。手を広げ過ぎると、今の相場は銘柄の“あたり、はずれ”が多くなるため、動きの良い銘柄を探し出して集中させるのがコツと言えるのではないでしょうか。

そんな中、「雨宮さんの言う通り、銘柄を絞りました」と、株式講演の後、元気に私のところに駆け寄って来られた女性投資家がいました。

私は、株式投資は「恋愛と似ている」と常に話しています。まず銘柄数ですけど、投資をしていくうちに塩漬けになってしまう銘柄が増えるケースが少なくありません。私の記憶している中でトップの保有銘柄数は、何と600銘柄!200~400銘柄保有している投資家も複数いました。

恋人だって6~7人とデートしたら大変、それ以上はとても、とても・・になるのでは。株式投資も、的確にウォッチできるのは、8~10銘柄程度ではないでしょうか?プロの機関投資家でも保有数は20銘柄程度なんですから。

どんなにたくさんの銘柄を保有しても、東芝のように大幅下落してしまうと他の銘柄で利益を上げていても、全体ではマイナスになってしまいます。リスクを分散したつもりが、怪我の素にもなりかねません。まずは、ひとつ、ひとつの銘柄にきちんとお別れ(利食いかロスカット)してから次の銘柄に投資しましょう──そう講演で言い続けています。

さて、この駆け寄って来られた女性投資家の方ですが、現在、保有している銘柄はひとつで、落ち着いて判断できるようになったと仰っていました。

命の次に大切なお金を売買するときは、人間の欲望との闘いであります。その時の瞬時の売買判断に、その投資家がどのような人生を送って来られたかなど、私は30年もこの仕事をしていると、実によく見えてしまいます。人生はなかなかやり直しが難しいのですが、株式マーケットは、一旦、間違った銘柄に投資してしまった場合は非を認めて他の銘柄に乗り換えるチャンスは十分。「株式投資こそ、人生すべて」です。やり直しが出来て、儲かるチャンスは平等に皆さんに与えられているのですから。

今なら・・そうですね、手あかの付いていない新規IPOで出直しを図るのはどうでしょうか?恋人の人数を減らして?!銘柄管理の出来る数にして、もう一度、銘柄を見直してみましょう。

さて、奮戦してまいりました夕刊フジ「株1グランプリ」(毎週月曜掲載)ですが、私の掲載は2月いっぱいで終了です。かなりの接戦!結果はいかに??


(経済ジャーナリスト 雨宮京子)
「Yahoo 投資の達人」はコチラ external-link  
 


※関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、推奨銘柄ではございません。株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。
※ホームページ上、メール上での提供情報は著作権法によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。各種ご相談はサイト内『各種専用お問い合わせフォーム』よりお願い致します。